こんちばんは!

さて!
前回、人生を間違えてからというもの、寝ても覚めてもSmoke on the water。。。
朝に夕なにHighway star・・・

親も困ったもんでしょうね。

Blackmoreのソロにももちろん感激したわけですが、実は歌やLoadのソロなんかの時のバッキングに痺れたんです。
Live in Japanを聴いてしまったんです、、、早いうちに、、、
それまでバックでのプレイは決まった通り、譜面通りでないといけないものだと思い込んでたわけです。
そうでないと楽曲が成り立たないもんだと、、、
Beatlesとかね。

ところがBlackmore先生は、、、そうじゃなかったんです。
びっくりしました!
こんな好きに弾いていいのか
よ!
これはパクらねばならん!

もちろんコードや構成など理論的なことが解ってないとただのイモなんですが、そこは、、、、
聴いてはコピー、弾いてはパクる、、、の毎日で何とか解るようになってきました。
長い年月かかりましたが、、、

レッドツェッペリンなんかライブだと曲そのものが別物に感じるくらいアレンジしてましたしねぇ。
その辺からライブでのプレイを意識した弾き方を学びました。
当時中学生でしたが、すでに人生間違えてますよねwwww

この記事へのコメント